izaura // la feuille exhibition 商品紹介


izaura // la feuille exhibition

7/22(sat) – 7/31(mon) / at steef

愛知を拠点に活動する2店舗のエキシビション、

いよいよ来週の土曜日より開催致します。

それぞれにお持ちいただく商品を

それぞれの店主によるキャプションと共に少しご紹介しようと思います。

 

 

— izaura (イザウラ) —【Bistro Glass】


19世紀末から20世紀初頭にフランスのカフェやビストロなどで使用されていた、現代で云うところの「業務用」グラス。

当時のガラスの歪みや含まれる気泡が美しいです。口当たりが柔らかく、ワインやビールはもちろん、この時期のアイスコーヒーやアイスティー、デザートの盛り付けにも好相性です。

 

【BOCH Plate】


ベルギー 「BOCH(ボッホ)」窯の陶器のプレート。1930年代頃のものです。控えめなレリーフとクリームがかった色合いが柔らかな印象です。


【Cafe au lait Bowl】
手の平にコロンと馴染む、小さな良きサイズのカフェオレボウル。フランスの「St-Amand(サンタマン)」窯製です。
 


【Herbarium】
フランス20世紀初頭の押花標本をウォルナット製のオリジナルフレームにて額装しました。
時間を旅した植物たちの姿。フレームは
細部のディテールにまで拘っています。ぜひ手にとってご覧下さい。
 

【Silver Plate Cutlery


フランスやイギリスのシルバープレート(銀メッキ)のカトラリー。
現代の生活にもそっと馴染むシンプルなデザインのものを選んでいます。

【Swiss Army’s Linen】


スイス軍 1940年代のリネンシート。デッドストックに近いコンディションです。
サックリとした手触りが気持ちよく、お部屋の簡単な目隠しやパーテーション、ブランケットにも。
リメイクの素材としても人気です。
 

 

— la feuille (ラフイユ) —

【ブッダナッツ × アジサイ】


原産国がインドやマレーシアなどに生息するタリゴーターラタの実(流通名はブッダナッツ)に色々な色のアジサイのプリザーブドフラワーを入れております。

【ドライフラワーブーケ・スワッグ】


今回は、少し落ち着いた涼しげな色味をセレクトし、何種類かの布で包みました。
置いて飾るだけでなく、壁や、天井などからも吊るせる様にもなっております。

 【プランツジュエリー】


本物のドライフラワーや木の実などをアクリルコーティングを施し、
色は、天然の鉱石や輝石など(水晶やアメジスト、象牙など)を細かに砕いた物を用いて染色して製作をしております。
 

来週が待ち遠しいですね。

皆さまのご来店をお待ちしております。

ISHIMASA