【“Jens” Compsition】close-up event


“Jens” composition / close-up event

3.2 (sat) – 3.10 (sun) 14:00 – 22:00 (期間中お休みなし)

ーーー

コンテンポラリーなドレスをコンセプトに展開している Jens (イェンス)が新しくスタートする composition という新ラインを、steefの視点からご紹介するクローズアップイベントを開催します。

喪服から発想を得てデザインされたラインナップで、冠婚葬祭やオフィスでのスタイルまで様々な場面を通して着ていただける洋服が揃います。

土台となるドレスにパーツを組み合わせていくことで、自分の好きなテイストにカスタマイズできます。もちろん、シャツ+スラックスなどのシンプルなコーディネートも。

steef のコーディネート案4パターンをご紹介します。

《patern : 1》

JACKET (SHORT) / ブラック / マットスエード / ¥48,000 +tax

+

DRESS / ブラック / ドライタフタ×マットスエード / ¥36,000 +tax

ーーー

薄手のドライタフタの生地と肉厚なマットスエードの生地が切り替えになったスリーブレスドレス。ウエスト両サイドにループが付いているので、付属の紐を通して少し絞ったり、自由に結んで印象を変えられます。

合わせたジャケットはドレスの切り替えから下部分と同じマットスエードを使用しています。シャープな印象ですが、後ろ裾が開いている為窮屈感がなくドレスやインナーとの色々な合わせを楽しんでいただけます。

 

《patern : 2》

INNER DRESS / グレー / ドライタフタ / ¥24,000 +tax

+

SLACKS / グレー / マットスエード / ¥34,000 +tax

ーーー

透け感のあるドレスとスラックスを合わせたスタイル。

お祝いの席などでのドレススタイルはちょっと苦手だけど、パンツスーツだと堅くなりすぎるかな..という方にお勧めです。

 

《patern : 3》

INNER BLOUSE / ブラック / ドライタフタ / ¥18,000 +tax

+

SLACKS / ブラック / マットスエード / ¥34,000 +tax

ーーー

極めてシンプルな合わせですが、光に当たることで多少の透け感を感じられるブラウスが重くなりすぎず、冠婚葬祭どちらでも対応できるスタイルです。

それぞれカジュアルなアイテムと合わせることで普段着としても活躍します。

 

《patern : 4》

PANTS DRESS / グレー / ドライタフタ×マットスエード / ¥40,000 +tax

+

INNER BLOUSE / グレー / ドライタフタ / ¥18,000 +tax

ーーー

ウエストで切り替えのあるスリーブレスパンツドレスと同色のインナーブラウスを合わせたスタイル。

切り替え上部のドライタフタ生地と同じ生地のインナーブラウスなので、重ね着感があまり出ず自然です。セットアップやワンピースをすでにお持ちの方へは、このパンツドレスが特にお勧めです。ブラックだとまた印象がガラッと変わります。

 

ルックに登場している“MANT”や“SQUARE”といったパーツも、期間中は店頭にてご覧いただけます。

そして、レザーブランド ke shi ki さんが手がけるハンドバッグ、クラッチバッグもイベント期間限定で受注販売致します。

是非合わせてご覧ください。

 

そして、このイベントに合わせてsteefでは初のご紹介となる cineca(チネカ)さんのお菓子も販売致します。

土谷みおさんによる cineca(チネカ)は物語性のあるお菓子をテーマに活動をされています。

“Jens” composition のテーマでもある冠婚葬祭という節目の時にコンセプトを重ね、cinecaが今まで手掛けてきたアーカイブを遡り制作された「RE-COLLECTION」シリーズを販売させていただきます。

単品での販売で、5種類のご用意となります。

包み紙 → チョコレート
チェスの駒 → 飴菓子
貝 → ラムネ
花 → 花とハーブの砂糖漬け
カメオ → ファッジ

一見するとお菓子には見えない、大切に取っておきたくなってしまうようなひとつひとつを是非味わってみていただけたらと思います。

ーーー

“cineca” RE-COLLECTION

5種類 / 各 ¥650 +tax

※3/2 (土) 14:00 よりsteef店頭にて販売スタート。数量限定です。早めの完売が予想されますので、是非お早めにご来店ください。

 

新しいことが始まる春という季節に、皆様にとって新しい何かを発見してもらえるイベントになると思います。ご来店お待ちしております。

ISHIMASA